いろいろ独学ブログ

アラフォーOLが日々生きていく中で学んだことをシェアするブログ

投資

話題のARK社ETFについて

投稿日:2021年2月7日 更新日:

ARK社という会社をご存知でしょうか。ARK社は破壊的イノベーションへの投資に特化した投資会社です。なんといってもパフォーマンスが良いのが有名です。

ARK社CEOのキャシーウッドさん。ARKの前は、AllianceBernsteinで50億ドルの運用資産と優れた長期投資収益を実現しました。

ARKKとVOOの比較

それでは、ARK社の、ベースとなる投資商品である、ARKKと、S&P500ETF(VOO)を比べてみます。

5年間のチャートです。VOOと比べて、ARKKのパフォーマンスが、圧倒的であることがわかります。

VOOARKK
5年トータル
リターン
17.90%59.30%
直近配当額1.38291.62774
資産総額195.024(十億 USD)25.736(十億 USD)
経費率0.03%0.75%

経費は、少し高いですが、リターンを比べれば安いです。また、資産総額はVOOに比べれば少ないですが、現在、資産流入をが続いているようです。

高いパフォーマンスを実現する破壊的イノベーションとは

高いパフォーマンスの秘密、破壊的イノベーションとは何なのでしょうか。現在ARK社では下記分野に狙いをさだめているようです。

自律型技術とロボット工学

自律移動、電気自動車、ロボット工学と自動化、3D印刷、宇宙探査。

ゲノム革命

DNAシーケンシング技術、遺伝子編集、CRISPR、治療法、農業生物学、および分子診断。

次世代インターネット

人工知能、ディープラーニング、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ブロックチェーンテクノロジー。

Fintechイノベーション

モバイル決済、デジタルウォレット、ピアツーピア融資、ブロックチェーンテクノロジー、金融リスクの変革など、フィンテックのイノベーション。

宇宙探査

再利用可能なロケット、衛星、ドローン、その他の軌道および準軌道航空機などの宇宙関連ビジネスに関与する企業。

サービスとしてのモビリティ

自動運転車、電気自動車、自律型ライドシェアリングプラットフォーム、空中ドローンに携わる企業。

3Dプリント

3D印刷のハードウェア、ソフトウェア、測定、材料など、3D印刷エコシステムの企業。

イスラエルのイノベーション

ヘルスケア、製造、通信、情報技術の革新の最前線にいるイスラエル企業

暗号通貨

オープンソースネットワークによって管理される暗号通貨が、価値を保存および転送するための金融システムおよびメカニズムの新しいパラダイムを可能にしていると考えている。

ETF ラインナップ

アクティブ イノベーションETF

ティッカー特徴1年トータルリターン
ARKKARKのイノベーションベースの基礎投資173.63%
ARKQ自動運転車、エネルギー貯蔵、ロボット工学と自動化、3D印刷、宇宙探査の投資132.43%
ARKW人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ブロックチェーンテクノロジーなどの「次世代インターネット」の投資168.95%
ARKGCRISPR、遺伝子編集、治療法、農業生物学、ヘルスケアの革新への投資216.39%
ARKFモバイル決済、デジタルウォレット、ピアツーピアレンディング、ブロックチェーンテクノロジー、リスク変革などのフィンテックイノベーションへの投資121.91%

インデックス イノベーションETF

ティッカー特徴1年トータルリターン
PRNT3Dプリンティング業界に関与する企業への投資98.07%
IZRLイスラエルが革新的な製品とサービスの開発における世界的リーダーであると信じており、ヘルスケア、ライフサイエンス、製造、電気通信などイスラエル企業への投資48.12%

購入について

購入については、手数料が高かったり、日本の主要ネット銀行での取り扱いがなかったりで、簡単にはいかないようです。

詳細は下記noteに詳しく記載されています。

〈ARK×Japan〉-ARK商品は日本でも購入可能か?

まとめ

ARK社のETFはかなり、パフォーマンスが良いことがわかりました。しかし、購入は簡単ではないようです。

このため、私は、しばらくは、ARK社の投資戦略をウェブサイトで勉強して自分なりに投資に生かしていこうと思います。

ARK社のウェブサイト

日興アセットウェブサイト

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今後10年間の米国株のパフォーマンスは低くなる??

先日、kitconewsで、気になる動画があがっていました。 投資運用会社 Research Affiliatesの創設者兼会長であるファンドマネージャーのロブ・アーノット氏によると、米国株は今後10 …

高橋ダンさん紹介の新興国ETFについて

高橋ダンさんはチャンネルの中で、これから経済成長著しい新興国への投資を薦められています。実際に新興国へ行かれた体験から、今後の成長と投資の必要性を強く感じられているのだと思います。 では、どのようなE …

銀がこれから上がる理由!

銀は、金やプラチナに比べ、値段が安いです。しかしこれからかなり値上がりが期待できると予想していますので、その理由を簡単に述べたいと思います。 高橋ダンさんもオススメしている! 人気ユーチューバー高橋ダ …