いろいろ独学ブログ

アラフォーOLが日々生きていく中で学んだことをシェアするブログ

自己啓発

洋食器メーカー ノリタケから成功方法を学ぶ

投稿日:2019年12月15日 更新日:

洋食器で有名なノリタケ。日本人なら誰でも知っているメーカーですよね。でもノリタケについて、どんな会社なのか、成り立ち等よくわからない方も多いのではないでしょうか。今回はノリタケの歴史について調べ、現代の私たちが学べることがないか探っていきたいと思います。

ノリタケの歴史

1、幕末に、商人だった森村市左衛門が国のために外貨を稼ぐことが重要だと考え、 ニューヨークに輸入雑貨店「モリムラブラザーズ」を開き海外貿易をはじめた。

はじめから、洋食器を扱っているメーカーではなかったんだ。幕末に、お国のために外貨を稼ぐことが重要だと考えて、貿易をやろうと考えるなんて頭が下がるな。現代の人たちは、なにか事業をやろうと思うときに、国のためとか、なかなか考えないよな~。森村さん、すごい。

2、雑貨店開店時は、日本の骨董や雑貨を売っていたが、陶磁器の売れ行きから、陶磁器に将来性を感じるようになり、ヨーロッパの最新技術を学びながら、 国産原料を使った白色硬質磁器への挑戦をはじめた。1904年に ノリタケカンパニーの前身となる「日本陶器合名会社」を創立し、 試行錯誤を重ねながら、 1914 年に日本初のディナーセットを完成させた。この食器はアメリカでよく売れて、世界中に知られるブランドとなった。

雑貨等いろんなものを売っているうちに、徐々に陶磁器に狙いを定めていったんですね。陶磁器に目標を決めたら、強い情熱と高い目標に向かって、努力や苦労を積み重ねていったんですね。

3、 食器が世界ブランドとして発展する一方で、ノリタケは洋食器の製造で培ったセラミックスに関わるさまざまな技術を追究し、新しいフィールドの開拓にも挑戦した。 現在は国内最大級の研削研磨メーカーとなっている。また、食器の画付に使用する転写の印刷や絵具を調合する技術や、セラミックスの製造に欠かせない焼成や乾燥などのプロセス技術等を、幅広い産業に提供するまでになっている。

洋食器の成功だけでは終わらなかったんだね。洋食器をつくる上で培った技術をさらに追及し、現代社会になくてはならない先端技術を提供する会社になっているんだね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ノリタケは洋食器だけ作っている会社だと思っていた方も多かったのではないでしょうか。幕末から現代にいたるまで、日本経済を語る上では欠かすことができない会社と言っても過言ではないでしょう。ノリタケの歴史は、時代や人々ののニーズに寄り添うことこそ成功の秘訣であると教えてくれているように感じました。

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

岩崎弥太郎の儲け方に学ぶ現金の大切さ

三菱グループの創業者、岩崎弥太郎が巨万の富を得た方法をご存知でしょうか。 暴落する藩札で儲ける それは、幕末から明治に時代が変わる中、藩を廃止し県を置く”廃藩置県”を行っ た時のことです。弥太郎は新政 …

無料のパーソナリティ診断で簡単自分磨き!!

よりよく生きたいと思うのであれば、自分を知ることは不可欠です。自分の特性を知ることで、自分に合った働き方を探すヒントになります。また自分の性格の傾向を把握しておくことで、自分をコントロールすることがで …

お米は株主優待だけで”まかなえる”のか!?

お米が、株主優待だけで”まかなえたら”食費はかなり助かりますよね。 そんなことは可能なのものなのでしょうか??検証していきたいと思います。 大人1人が1年間に必要なお米の量は? 大人1人が、朝・昼・晩 …

マナブログの影響を受けた2019年

今日は、2019年12月31日。今年を振り返ると、マナブログを運営する大人気ビジネス系ブロガー、マナブさんに大きな影響を受けた一年でした。マナブさんは最近ではユーチューブも配信されていて、大人気ユーチ …

高橋ダンさんから学ぶ「トレンドを見つける方法」

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 [ 高橋 ダン ]価格:1,540円(2020/9/6 10:57時点)感想(0件) 僕がウォール街で学んだ勝利の投資術 億り人へのパスポート渡します [ 高橋 …